コンチキツアーの朝食を紹介!

こんにちは、ふうきです。
学生最後の卒業旅行としてコンチキツアーに参加しました。

コンチキツアーは日本ではあまり知られていないので、
日本語の情報がすごく少なくて困りました。

行く前に気になったことの一つに、
「コンチキツアーの朝食ってどんなの出るの?」
「おいしいの?」
と気になっていました。

今回の記事では、
コンチキツアーの朝食を紹介します。

コンチキツアーへの疑問が一つでも解決できたらうれしいです。

朝食会場の例

コンチキツアーの朝食事情とは?

コンチキツアーでは、
ツアー料金に朝食代はすべて含まれています!

ツアーに付いているなら、
食べるしかないですよね?笑

昼と夜に関しては、
含まれているときと、含まれていないときがあります。

自分で朝食を用意しなくて良いのはありがたいですね。

また、コンチキツアーでは、
朝食を食べる時間は自由。

さっさと食べて部屋に戻る人や、
準備をすべて終わらせてから来る人などさまざまでした。

朝食会場は、
学校のカフェテリア風のところや、
おしゃれなカフェ風のところなどいろいろありました!

以下の記事で、
朝食のようすを紹介します。

朝食はビュッフェ形式!

コンチネンタル形式の朝食ビュッフェです。
パン・ハムやチーズ・フルーツ・シリアルなどがありました。

クオリティは、ホテルのランクによって差があります。

一番質素なところだと、
パン1種類とハム、チーズ、ヨーグルト、シリアルなど。
という感じです。
ビジネスホテルの朝食のような感じです。

反対に、一番豪華はところだと、
パンだけで8種類、チーズが6種類、ハムで6種類、
とにかく種類が多い!というところもありました。

どのホテルにもクロワッサン

どのホテルにもクロワッサンがありました。

ちなみに、パリのホテルには、
「パン・オ・ショコラ」という
中にチョコの入ったクロワッサンもありました。

ホテルによって朝食に差はあるものの、
クロワッサンはどこもクオリティが高いです。

 

本格コーヒーが飲める

宿泊した4つのホテルのうち、
3つにはコーヒーマシーンがありました。

1杯ずつ淹れるコーヒーは熱くておいしいです。

カフェオレやエスプレッソも飲めました。

唯一コーヒーマシーンのなかったイタリアのホテルは、
コーヒーマシーンはなかったですが、
ポットに入ったコーヒーはありました。

全部のホテルでコーヒーが飲めます。

ヨーグルト・シリアル・フルーツは必ずある!

シリアルはどこも3種類以上ありました。

コーンフレークやオートミール以外にも、
かぼちゃの種などのトッピングがあったりもしました。

フルーツはりんごがまるごと置いてあったり、
カットされてミックスされていたり、いろいろです。

 

ハムやチーズの種類が豊富

コンチネンタルブレックファストの基本はパンとコーヒー。

ハムやチーズの種類が豊富でした。
パンに塗るタイプのサラミやハムなど、
日本ではなかなか見ないものもありました。

チーズは、日本だとカルディや成城石井で売ってそうな
フレッシュチーズがたくさんありました。

また、朝から生ハムがでてくることも多かったです。

朝ごはんを食べると新しい友達ができる?

行くまで知らなかったのですが、
コンチキツアーの朝ごはんは、友達をつくる大チャンス!

朝ごはんのときは、
来た人から、空いている席にてきとうに座ります。
普段話さない人と話す大チャンスです!!!

普段話さない人と同じテーブルに座ることをおすすめします。

コンチキツアーでは、ある程度日にちがたつと、
決まったメンバーで行動することが多いです。

そのため、話したことのない人とは、
なかなか話せないなんてことも。

わたしは、そんな人たちと
朝食で仲良くなったと言っても過言ではありません。

朝食は、決まったグループで食べることがないので、
仲良くなりたい人と話すチャンスです!!

ぜひ、朝食タイムを活用して、
たくさん友達を作りましょう。

まとめ

おいしくてたくさん食べました。

 

朝食はツアーに含まれています!
ホテルによって差はあるものの、
比較的おいしい朝食が食べられます。

また、朝食の時間は
話したことのない人と仲良くなる大チャンス!

ぜひ朝食の時間を活用してたくさん友達を作ってください!
わたしは、朝食は半分友達をつくる目的で食べてました。笑

朝からたくさん食べて、
いろんな人と話して、充実した毎日を送ってください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です