モンサンミッシェルの島内ホテル「ル・ムートンブラン」宿泊レポ

モンサンミッシェル島内のホテル、「ル・ムートンブラン」に宿泊してきました!!

このホテルを選んだのは口コミを読んで一番よさそうだったからです。

 

今回はモンサンミッシェルの島内ホテル、「ル・ムートンブラン」を紹介したいと思います!

 

※モンサンミッシェルの道路の工事中(2018年11月~2019年2月)に宿泊しました。

 

島内ホテル「ル・ムートンブラン」とは?

ル・ムートンブランはモンサンミッシェル島内にあるホテルです。

入り口からメインの道路を半分より少し進んだところにあります。

入り口から徒歩5分くらいで行くことができます!

距離的には近いですが、島内の道路はガタガタしているのでスーツケースを持って歩くのは少し大変です。

 

わたしが宿泊した2018年11月はメイン道路が工事中。

迂回ルートでホテルまで行きました。

スーツケースを持って階段を上るのは大変でした。

入り口のそばのホテルにすればよかった!とも思いました。笑

 

工事していなければ問題はありませんが、

工事期間(2019年の2月まで)に行く人は極力入り口に近いホテルがおすすめです!

個人的には入り口に一番近い「ラメールプラール」が良いのではないかと思います。

 

チェックイン時間・チェックアウト時間は?

ホテルのチェックイン時間は16時、チェックアウト時間は12時でした。

チェックインより前でも受付で荷物を預かってもらうことができます。

わたしは昼に着いて荷物を預けて修道院を先に観光しました。

道路はこんなかんじで封鎖されていました。

 

ちなみに工事期間のチェックインはホテルごとではなく、総合カウンターのようなところで行います!

モンサンミッシェルについてホテルに直接行ったら、フロントに誰もいなくて驚きました。

工事中はレストランもフロントも閉まっています。

ホテル近くにいた人に臨時の総合フロントの場所を聞き、そこでカギをもらいました。

カギはカードキータイプではありません

ホテルにエレベーターはないので階段を上って部屋まで行きました。

 

部屋のようすは?

部屋は広くはないですが、きれいでした!

ベッドの横にコンセントもあり、快適です。

Wifiも早くて快適でした!

 

お風呂場は?

お風呂場もきれいでした!

バスタブもあります。

アメニティもちゃんとそろっています。

シャワーがぬるくて寒かったですが、島内ホテルはどこも水回りに問題ありと聞いていたので許容範囲です。

 

窓からの景色は?

部屋の外はメイン道路が見えました。

このときにはじめて、

「島内に泊まったら近すぎてモンサンミッシェル見えないじゃん」と気づきました。笑

部屋からモンサンミッシェルを眺めるなら対岸の「ル・ルレサンミッシェル」という大人気ホテル一択です。

 

朝食は?

朝食は工事中の特別会場で食べました。

会場は、オムレツで有名なラメールプラールのレストランの2階でした。

工事中の期間は、どのホテルに泊まってもここで朝食をとるみたいです。

 

朝食はクロワッサンやヨーグルト、生ハムなどいろいろありました。

相変わらずクロワッサンはおいしかったです。

個人的には、コーヒーメーカーがあったのがよかったです。

 

島内のレストランはあまりよくないので、昼ごはんの分も食べておきました。

朝食会場は10時まででした。

 

まとめ

ル・ムートンブランは可もなく不可もなくなホテルでした。

5段階中3をつけたくなるかんじです。

 

モンサンミッシェル内のホテルはどこもなにかしら不自由があるらしいので好みと値段との相談になると思います。

口コミを見る限りでは水漏れするホテル、外から丸見えのホテル、虫がでるホテルなどがありました。

 

不自由はありますが、世界遺産に泊まれる経験は貴重ですよね。

ちなみにwifiは島のどのエリアでも共通の強力なwifiがありました。

 

この記事がモンサンミッシェルの島内ホテルを検討している方の参考になったらうれしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です